生き様と空|新卒社員(4月から)の苦闘ブログ

広告業界へ進出した新卒社会人のブログ。業界の荒波に揉まれながら、プロデューサーへの道を歩む成長記録。アドセンス奮闘中

【スポンサーリンク】

淡々とこなすだけではダメ

 

こんばんは!

IKEMASKYです。

 

手術後から徐々にペースも上がってきている中、

久々に更新です。

 

 

最近、親しい後輩と関西で頑張っている僕のライバル(勝手に)と話しました。

それがあまりにも衝撃的だった。。。

 

 

衝撃その1「ライバルの仕事のレベルの高さ」

衝撃その2「後輩の意識の高さ」

衝撃その3「全然いけてない自分の惨めさ」

 

 

僕はですね、

できない理由を考えることによって、不安を納得させる方法を取っていたんです。

 

金がないから、時間がなくなるから、体がしんどいから、人と付き合うのが怖いから

厄年・前厄だから?みたいなことばっかりを並べてとにかく上手くいかないことで不安に押しつぶされることから逃げましたわ。

 

仕方がないって言いたいわけです。

 

 

それでね、関西のライバルが楽しそうに話す姿に胸が焼かれるような熱さを感じた。

組織の一員として、彼は認識され、彼もまたみんなのために頑張れている。

そして、苦しみを楽しんでいる。

 

僕はどうだろう。

苦手なことひとつ、なんとか打ち返すので精一杯。

というか、自分のことばっかり。

 

なんて小さいんだろう。

 

どれだけ頭で考えていようと、行動になっていないというのは

虚しい。

 

楽しめないのももったいない。

 

いやはや。

単純なことなはずなのに、あれこれ考えてしまう。

 

淡々と頼まれる仕事をこなすだけではいかんのです。

他にもできることはあるはず。

 

僕で言えば、異動を認めてくれた旧部署の上司、送り出してくれた先輩方、

異動先として受け入れてくれた新しい上司、週に1回は連絡をくれる上司の上司。

 

入社してすぐの僕にこれだけの優しさや愛情をくれる人たちのためにも、

元来、期待していたお客様との出会いと貢献という目標のためにも、

コツコツとクリアしていかないといけない。

 

 

淡々とやるだけというのは、あまりにシンプルすぎる。

ひとつひとつにしっかりと期待通り、期待以上のレスポンスを見せないと。

 

今日は何ができるんだろう、

社内を歩き回ってみてもいいだろう。

営業資料を読みあさっても良いだろう。

自分ならこれを誰に勧めるかを考えても良いだろう。

 

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

 

 

そんなことを思いつつ、今日もオフィスにいる。

悔しいけど、これ、事実なんだよねぇ。笑

 

やるしかないよねぇと。

焦りすぎか。