生き様と空|新卒社員(4月から)の苦闘ブログ

広告業界へ進出した新卒社会人のブログ。業界の荒波に揉まれながら、プロデューサーへの道を歩む成長記録。アドセンス奮闘中

【スポンサーリンク】

休みの日にも働く人

おはようございます!

タイトルがブラック臭満載なんですが、全然そういうことはないのでご安心をw


今日は久々の休み!(とはいえ月曜休んでいたので割とすぐの休みですが笑)



今日は結構バタバタしているスケジュールです(*ノ∀`*)


最近の最近までめちゃくちゃモチベーションが下がっていた僕ですが、沖縄時代のいろんな先輩たち、同期や後輩のみんなから沢山の励ましの言葉や活躍の様子を伺って、なんとか復活しました!(一応まだ不安定だけどねw)


とはいえ、なんのために動くんだろうとかこの先に何をしたかったんだっけ俺。みたいなところがようやく見えるように、再び目線を上げられた気がするので、辛くなっても大丈夫かも。(いろんな人を頼って助けられて生きています。本当にありがとう。)



さて、最近はブログをコツコツ更新しているのですが、これはある人との出会い、再会が大きなきっかけですね。


1人は教授さん。プライバシーとか考えたけど、もともと呼び名が本名じゃなかったw


彼と出会ってもう2年くらいかな、気持ち的にはもっと長くいるような気がします。彼は自分の生き方や物事の捉え方が一癖も二癖もある変わった親友です。自身の経験からくる思考や行動の質は、本当に感動します。同時に恐怖を感じるんですけどね笑


そんな彼は僕のインターンシップ時代、いやインターンシップとして承認される前の企画プロトタイプ時代からの仲間でもあります。


沖縄では、就活生のキャリア観や就労環境の充実化を目指した支援の場づくりを夢見て色んなお手伝いをさせてもらいました。


そのスタートの時期に運営側でジョインしてくれたのが教授さんで、お願いした時は僕の拙い説明を最後まで聞いてくれて、快諾してくれました。(後から聞いたら、何を言っているのかよくわからなかったけど、熱量に触れて興味を持ってくれたそうですw)

(俺の説明力、、、)

前置きが長くなりましたが、教授さんは話が長くなるほどいろんな場面で一緒に居てくれたし、僕に刺激をくれました。彼の仕事振りに、自分の役割を奪われそうになったり、自分では出来ないことを容易にクリアしてしまう彼の背中を見て僕は何段階もギアを上げてトライすることができたと思います。


それはいまでも同じで。

彼は人材業界を志望し、世界で見てもトップクラスの会社に入社しました。(ほんとまじですごいから))))))

そして早速困難な、そして大きな仕事を任されて働いています。とても意義のあるお仕事だと思います。


そんな活躍の話をこの前会って聞いちゃって。


僕はまた、気持ちが燃えてくるんです笑(単純)


切磋琢磨という言葉がありますが、本当にその意味の通りで、これからも互いに高めあえる仲でありたいなと思います。



長くなったけど、今日はあと1人。

三つの輪を持つ大先輩のことも書かせてください。プライバシーのため名前は伏せています、、、笑



彼も出会ったのは沖縄時代の運営時代。当時はクライアントの人事ということもあり、出会った当初は僕も緊張してあまり話ができませんでした。


しかし、時を重ねるごとに食事に行ったり毎回のイベントで会う中で少しずつ仲が深まってきたと思います。


そして今この文中に書いた「毎回のイベントで会う」というのが、彼の仕事の本質、僕が驚き感動した姿勢です。


当時、沖縄で運営していたイベントは週に2、3本はあるような物量です。説明会やセミナーなのでどれも2、〜3時間は尺を取ります。これは大学生の参加ができる時間に合わせているので、開始が19時や20時だったりします。


さて、自分が働いてみて分かった人もいるかもしれませんが、これはどう考えても残業です笑


裁量労働制とか仕組みは色々あるので、定時出社定時退社はないこともあるので、休みはうまくとっていたと思いますが、本当にすごい。


土日のイベントでも来てくれて、「学生のためになるなら」と惜しげも無く向き合ってくれました。


そんな彼も東京へ出てきていて、今は自分の成長、自己実現に本気で取り組んでいる。

この前はこの2人と東京で再会したんです涙


2人とも、本当に生き生きとしている。

まだ右も左も分からない中でも燃え上がり、楽しんでいる同期。

今度は下から突き上げられ、上から圧倒的に引っ張られる、激しい成長環境の中で必死に楽しんで働く大先輩。


勇気をもらいました。

元気をもらいました。

そうだ、俺もこの人たちと一緒に居たんだ。

と思いました。


そんな楽しく有意義な時間の中で、M先輩がこう言っていました。


「休みの日も仕事をしているけど、働くことが生き甲斐というか、毎日が充実していて、今が本当に幸せを感じる。」


僕がうまく表現できていなくて違う意味になったらすみません。。。


日々自分が取り組むこと、一生懸命になれること、実現したい世界のために今の時間が有意義に過ごせている。


そんなことを感じました。


だから、休みの日も誰かのために自分ができることを提供している。


この貢献や姿勢は、そのときの僕には衝撃。

というか、インターン時代には理解できたと思う。それが、環境が変わって仕事がわからなくて、休みの日は休みたい、、、苦しさのあまり逃げたいという気持ちになって考えられなくなっていた。


語弊を恐れずにいえば、

働いていても、それが心の安らぎになっていることはあり得るとおもいます。


自分にしか目が向かなくて忘れていたけど、僕が燃えて動いていた時も、四六時中インターンシップやお店のことを頭のどこかに置いていた気がします。(サボってたこともあるけどねw)


友達に声をかけたり、なにか連絡を回すことも時間は取られても嫌ではなかった。


その先に絶対面白い世界があると、俺らはそれを実現してみんなで豊かになろうと。


理想をみていたから。



僕はここ最近、そういう目線で仕事ができなかった。2人と久々に会って、思い出せました。思いに繋げるのも自分次第です。今を楽しめるのも自分次第。


会社が社会に何ができる場所なのか、いろんなことを改めて考えてみると、僕はこの会社でできることはいっぱいあるなと。


目線をあげると、とっても見える。


すっごく長くなりましたが、今日はこの辺で。



IKEMASKY