生き様と空|新卒社員(4月から)の苦闘ブログ

広告業界へ進出した新卒社会人のブログ。業界の荒波に揉まれながら、プロデューサーへの道を歩む成長記録。アドセンス奮闘中

【スポンサーリンク】

怒りで潰れそうなので、アンガーマネジメントの診断をしてみた。

こんにちは。

突然ですが、いまめちゃくちゃ怒ってます。涙

理由も分からず、とても苦しい。。。

 

ひとまず、ネットを開いて白湯を飲んで椅子についてます。

ずっと前から自分の怒りのコントロールというか、感情で誰かを傷つけたりチャンスをふいにしてきたことを気にしていて、アンガーマネジメントについて関心がありました。

 

とにかく、いまはつらい涙

なにがなんだかわからないけど、怒りの感情だけがふつふつと上がってきて、心が押しつぶされそうです涙

 

というわけで、救いを求めるようにググってみましした。

 

f:id:etudiants20north14star:20170122150542p:plain

 

こんなこと検索してる俺ってだいぶ、、、というのはひとまず置いておいて、

 

アンガーマネジメント(怒りのコントロール)でどうにかこの苦しさから脱出できないかなと思ってみてみました。専門的なものとか分からないし、とにかくなんでもいいから知ることができればOKだったので適当に検索で出てきたサイトをクリック。

 

www.vogue.co.jp

 

このサイトに出会いました。(出会ったというか流れ着いたというか、、、)

まじめな話を読むのもつらい、手軽さだけを頼りに「診断」をしてみたところ、

 

どんぴしゃ。涙

 

ちなみに見たサイトはVogueというライフスタイルかなにかのレディースマガジンのサイトみたい。

なんか本屋さんで見たことあるな、、、

 

VOGUE JAPAN (ヴォーグ ジャパン) 2017年 2月号

VOGUE JAPAN (ヴォーグ ジャパン) 2017年 2月号

  • 作者: Condè Nast Japan (コンデナスト・ジャパン)
  • 出版社/メーカー: コンデナスト・ジャパン
  • 発売日: 2016/12/27
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あった。

 

まぁそんなことはどうでもいい。

いまはとにかく質問項目に答えて、「怒りのクセ」を知りたい。

 

そんな感じで12項の質問に答え、計算してみると診断結果が。

どうやら俺の怒りのクセは2つあるみたい。

 

①博学多才タイプ:向上心が強く、物事をきちんとやり遂げる人

【特徴】
完璧主義、かつ向上心があり自分を高めるのに意欲的なのがこのタイプ。「自分にも他人にも厳しくあるべき」と考えがちで完璧を求めるあまり、白黒をはっきりつけたがり、グレーゾーンがないので、優柔不断だったり適当な人が許せません。また、自分の価値観に合わない人にストレスを感じやすいので、派閥を好むところも。

②用心堅固タイプ:じっくり考える事を好み、冷静に物事を進行する人

【特徴】
人や物事に対して慎重でテリトリー意識が高く、距離を置いて人と付き合おうとするタイプ。人を信じることができず、良い人間関係を築くことが苦手。他人に勝手にレッテルを貼ってしまうので、誤解をうむことも。人に対してひがみや妬みをもつ傾向があり、それが怒りに変わることもあり。

vogue「怒り診断」より引用

 

どちらも、自分っぽい、、、

特に、「テリトリー意識が高い」「白黒はっきりつけたがる」ところとかばっちり。

あと派閥を好むとかね。

 

上記を踏まえて最近を振り返ると、怒りの要因が1つ分かったかも。

というか、納得した。

 

最近、自分の安心できる場所がかなり限定されていたり、自分の能力に限界を感じていたし、なにより人と話すのが苦しい。

 

診断をしてみて完全解とはいかないまでも、少しだけ落ち着けたような気がします。

 

ちなみに、怒りのクセを把握したら次は「上手な怒り方」だそう。

コレに関してはサイトを見てもらったほうが早いかも。

俺はそこまで納得はしていないけど、意識すべきポイントではあるなと。

 

はぁ、苦しい。

ちょっとだけ自分に向き合ってみたので、疲れちゃったけど、

1ミリくらい前進したような気がするので、良かった。

 

そんななか、これは使えそうなので記事にしてシェアしてみました。

書いてみてさらにすっきりしたかも。

 

 

もう少しだけまじめに勉強するならこっちかな。

マンガでやさしくわかるシリーズにはいつもお世話になってます。涙

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメント

マンガでやさしくわかるアンガーマネジメント

 

 

 

IKEMASKY